寺尾さとし 駆けある記通信 2021年5月号

ワクチン接 種、大規模検査、くらしと営業への補償
オリンピックより新型コロナ対策に全力を挙げよ

新型コロナワクチン-介護従事者への優先接種と高齢者への安全・確実な接種 推進 を

 4月27日、千葉民医連や千葉勤労者福祉会など介護サービスに従事するみなさんとともに、千葉市に介護従事者へのワクチンの優先接種を求める申し入れを行いました(上写真。厚労省の「接種順位の考え方」では、医療従事者に続いて高齢者、高齢者以外の基礎疾患を有する者、高齢者施設等の従事者への接種という順序で進められることになっています。この場合の「高齢者施設等の従事者」は原則、入所・居住系施設に限られています。
 参加者は「ヘルパーは利用者と密着せざるを得ないサービスを行っている。入所施設だけでなく訪問・通所の介護従事者にも優先接種を」と訴え。市の担当者は「事業所が意向を示せば優先接種ができるケースもある。現場のみなさんの率直な提案を伺いたい」と回答しました。

各市のワクチン接種方法 はこちら
不明な点、お困りごとは相談を

八千代市市コールセンターへ 電話またはWEBフォームで集団接種(2会場)もしくは個別接種(各医療機関)を 予約 。かかりつけ医療機関でも受付可。
習志野市市コールセンターへ電話または予約専用サイトか LINE で集団接種(曜日ごとに4会場)もしくは個別接種(各医療機関)を予約。かかりつけ医療機関での 予約不可 。
千葉市5月21日から65歳以上の受付開始。個別接種は各医療機関へ直接予約。集団接種(日曜と水曜 or 木曜、1会場)は市コールセンターか予約専用サイトで予約。

「火事場泥棒」的な改憲を許すな
-憲法記念日に訴え

 日本国憲法施行から74年、花見川区内で訴えました。国会では憲法改悪の地ならしとも言うべき国民投票法改定案が強行されましたが、「国は…社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」(憲法25条という条項に反して、病院や保健所の統廃合を進めてきた自民党政権こそ憲法違反です。
 政権交代で憲法を政治に生かしましょう。

中村きみえ市議と花見川区で訴える寺尾さとし

大好評の日本共産党オンライン演説会
あなたもぜひご視聴を

 4月10日に開かれた日本共産党衆議院南関東ブロックオンライン演説会。千葉、神奈川、山梨の2800ヶ所の視聴会場から8000人以上が同時視聴しました。
 寺尾事務所で行われた視聴会には外国籍の方など多彩なみなさんが参加。終了後の交流では講演の感想とともに「自衛隊についてはどう考えるか」「日本共産党と中国共産党の違いは」「消費税はきついが税金として考えたときには必要なのでは」など次々質問が出され、その場で「つどい」となりました。
 オンライン演説会は下記のリンクから視聴できます。ぜひご覧ください。
日本共産党南関東オンライン演説会

寺尾さとし事務所での視聴会

盛況です。食材もってけ市

5月16日、第3回幕張食材もってけ市(民青同盟主催) が開催され 66人の学
生が参加。「 バイト代が半分 に減ってしまったので本当にありがたい 」などの声が寄せられ大好評でした。次回は6月20日開催です。

幕張もってけ市