寺尾さとし 駆けある記通信 2020年4・5月号

自粛と補償は一体に

緊急事態宣言が発令された新型コロナウイルス。政府は野党や国民世論に押され、「一人一律10万円給付」の実施を決定しましたが、さらに自粛に伴う継続的な損失補償が不可欠です。
あわせて住民の命と健康を支える医療機関・介護施設への支援を抜本的に強めなければなりません。

「地域の医療と生業を守れ」- 様々な団体から切実な実態と要望を伺いました

4月10日、新型コロナウイルスの影響について各団体と懇談しました。「感染患者が拡大するなかで医療体制の整備は切迫した課題。千葉市・県は情報公開と補償を」(千葉民医連)、「休業するお店が増え、『給付金は受けられるのか』『税金や社会保険料の支払いに困っている』など次々と相談が寄せられる。休業補償と使いやすい融資制度を」(千葉民商) など切実な要望が寄せられ、さっそく千葉市に対策を求めました。

千葉県保険医協会との懇談では「マスクなど衛生材料が足りない」「固定費の補助を」と要望が

「給食がなくなり大打撃」-八千代牛乳(千葉北部酪農農業協同組合)からの要望を受けて改善

八千代牛乳との懇談では「給食がなくなり1500万円の売上減。生産者には加工用にまわした生乳の差額補填があるがメーカーや配送業者には補償がない」と要望が出され、4月2日に国会ではたの君枝衆院議員が取り上げました。文科省は「学校設置者が事業者と協議した上で違約金等を払えば補助(学校
臨時休業対策費補助金)の対象になる」と答弁。補償に道が開かれました。

現時点で活用できる支援制度(一例)

●生活福祉資金の特例貸付

社会福祉協議会を窓口に無利子・保証人不要で最大80万円まで貸付。返済免除あり。失業などで収入が減少した方向け。

●日本政策金融公庫・新型コロナ特別貸付

借入申込書、預金通帳と決算書、「新型コロナの影響による確認資料」があれば無担保で6000万円(別枠)まで貸付。

6月にも木更津へオスプレイ暫定配備-「日本のどこにもオスプレイはいらない!」の声を広げよう

防衛省と木更津市は昨年12月、陸上自衛隊オスプレイの木更津駐屯地への「暫定配備」に合意しました。早ければ6月にも最初の2 機が木更津に配備されようとしています。
木更津市と防衛省は暫定配備期間について
「5年以内を目標とする」ことに合意しましたが、あくまで目標であり「5年以内とする」とはしていません。現時点でも佐賀空港での配備のめどはたっておらず、「5年以内」が不可能なことは明らかです。防衛省は「徹底した安全対策」「協議体制の構築」「適切な情報提供」を行うともいいますが、具体的な内容は示されていません。
そもそもオスプレイは戦争を行うための軍用機です。3月末には木更津駐屯地にオスプレイ部隊を含む約430人の「輸送航空隊」を新設。「輸送航空隊」は日本版海兵隊とも言われる佐世保の「水陸機動団」と連携し、「島しょ防衛」の名目で米軍とともに世界中に殴り込みをかける役割を担います(下図=防衛省資料参照)。
千葉県を「戦争する国づくり」の震源地にするわけにはいきません。「オスプレイは日本のどこにもいらない!」の声を広げましょう。

寺尾さとし 新ポスターができました

新しい寺尾さとしポスターを、花見川区・習志野市・八千代市に貼り出します。サイズはA1とA2の二種類。「ウチに貼ってもいいよ」「貼る家を紹介したい」という方は、ぜひご連絡ください。